立ち仕事の腰痛を1秒で改善する方法

腰痛を改善するにはどうすればいいの?

すげ院長
まずは、腰痛の原因を知らんと腰痛改善は難しいんや。
ヘルニア君
じゃあ、立ち仕事で出る腰痛の原因ってなに?

 

すげ院長

毎日、カラダ使ってるから(笑)

毎日毎日、腰に負担を掛けながら過ごしているからやねん。

 

ヘルニア君
でも、身体を使わない生活なんかできないじゃん(>_<)

 

すげ院長

そうやね(笑)。

せやから、腰に負担を掛けへん使い方に変えたらいいだけなんよ(*´з`)

 

すげ院長
ほなら、この動画で詳しく観てみよか!

 

腰痛の原因

腰痛の原因は色々なものがあります。

有名な原因だと…

●腰椎椎間板ヘルニア

●腰椎分離すべり症

●腰椎圧迫骨折

など、色々な疾患があるんですが…

上記のような疾患が必ずしも腰痛に直結するかというと、そうでもないんですね。

ある調査では、腰椎椎間板ヘルニアの7割近い人が腰痛を感じていないとする回答もある。

腰痛診療ガイドライン2012参照

しかし、腰痛の原因として『職業差』によるものは多くの文献で一致している。

特に、重労働の職に就く人は腰痛の危険因子として『仕事での負荷』が挙げられています。

 

立ち仕事の腰痛を改善する方法

※この方法は、体の前で作業をされる人に向けて紹介しています。例えば…セラピスト職,飲食業,などの職場ですぐに使える方法です。

【手順】

①軽く膝を曲げる。

 

②曲げた膝頭を前方の作業台に当てる。

 

③当てた膝を支点に腰を曲げるようにする。

 

たったこれだけの3ステップです。

すごく簡単な方法ですので、腰痛でお悩みの方は是非お試しを!!

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪府にて、年間のべ1,000人以上の足の悩みを解決してきた『足の専門家』。 心と身体は相互の関係と考え、ココロとカラダを元気にする情報を発信し続けている。